ニキビ,美白,エイジングケア,ダイエット,わきが・多汗症の情報サイト。本当に良いお得商品をご紹介!

質いい油を生で摂るダイエット

ダイエットで油は一番の敵だと思っていませんか?じつは油不足はかえって痩せられなくなるのです。便秘の原因になりポッコリお腹を作る原因となります。かといって、なんでもかんで も油を摂ればいいというわけではありません。マーガリン・サラダ油など加工された油は体の中で分解する事ができないため溜まりやすく太る原因となります。だからといいてバターやラードなどの動物性オイルなどの質のあまりよくない油もおすすめできません。肝臓で分解しきれないオイルはニキビとなって皮膚から出てくることもなります。ではどういった油がおすすめなのでしょうか?ごま油やオリーブオイルなどは天然の植物オイルですのでおすすめです。油は熱を加えると参加しすくなります。酸化状態のオイルが実は体にあまりよくありません。 なのでサラダを食べるときなどはオリーブオイル・酢・塩・コショウなどで味付するととてもいいでしょう。純度の高いオイルは脂肪を落す効果が高いです。体の中の脂肪は質のよい油で落す!

肉をたべて脂肪燃焼

ダイエット中は肉を控えたほうがいい!とおもってみませんか?実は牛肉・豚・羊などの赤身の肉には脂肪を燃やす「L-カルチン」という成分がたくさん含まれています。「L-カルチン」はサプリメントとして売られているほどストレートに脂肪の代謝を上げてくれる効果があります。L-カルチンの含有量は牛肉・豚・羊に多く鶏にはほとんど含まれません。また赤身の肉はタンパク質が豊富でタンパク質は脂肪になりにくく筋肉になりやすいという特徴があります。「赤い肉」はいいことづくしですがより効率よく食べる方法はシチューやポトフなっどの「煮込み」がおすすめです。赤身肉に含まれるタンパク質は煮溶ける心配がないのでしっかり栄養分を吸収できることができます。鮮度のいい生の肉は酵素が豊富に含まれています。生肉は効果が期待される反面冷たいので一時的に冷えます。そういったときはニンニクやショウガが味方になります。ニンニク・ショウガは冷えた体を温める作用があります。刺身についてくるショウガやステーキに添えられたニンニクに意味があるのです。

ジャガイモやサツマイモも立派なダイエット食

ダイエットをする際にジャガイモやサツマイモなどのイモ類を敬遠する人が増えています。実は根葉類は体を温めるため冷え性の方やダイエットする方には必須の食品です。とはいえ食べ方によって太る食品になってしまいます。ポテトサラダ、マッシュポテトのようにマヨネーズを加えたり加工されたものだと太りやすい食品になってしまいます。根葉はなるべく手を加えず食べるのが効果的です。ジャガイモなどはシチューや味噌汁などがいいでしょう。また石焼イモなどは繊維はもちろんカロチン、ビタミンCが豊富に含まれます。サツマイモのビタミンCは加熱しても壊れないという特徴があります。冬に根葉で旬の物をあじわってダイエット!

ケーキを食べたしまったあとの対処法

ダイエット中でもついつい食べてしまうケーキ。カロリーを気にしてブラックコーヒーや紅茶などで選んでしまいがちです。ケーキはほとんど栄養がなくビタミンもミネラルもありません。そういった時は野菜ジュースでビタミン・ミネラルなどの栄養を補う事がおすすめです。通常の野菜ジュースはかなりの塩分が入っているので無塩タイプの野菜ジュースがおすすめです。

意外に知らないナッツの効果

ダイエット中は油っぽいナッツ類を避ける人が多いのです。確かに栗やアーモンド、ピスタチオなどの木の実は油分が多く含まれています。でもこの油分は加工していない純粋な植物性の油で体内の余計な脂肪をとる「油取り効果」が期待できますし美肌効果もあります。ピーナッツは一カ月毎日50粒たべてもニキビもでないし脂肪も増えないというデータがあります。注意点としては質の悪い油で加工し味付けしたもののは避ける事です。せっかくいい油がふくまれているのに質の悪い油を加えたのでは台無しです。加工されたタイプしか見つからない場合はピスタチオなど殻のついたタイプを選ぶと悪い油の摂りすぎを防ぐことができます。

メインディッシュのない食生活は太る

ダイエットにおいて摂取カロリーを抑えるよりも消費エネルギーを増やす食生活が重要です。赤身の肉や良質の油など脂肪を燃やす食べ物を摂り体を冷やさない事が鉄則です。メインディッシュと呼ばれる肉や魚、卵の料理を一日二回は食べるのが理想的です。低代謝本質にならないためにランチは定食物をディナーはおかずに納豆をプラスするなど日ごろおあらタンパク質を摂る習慣を身につけることが大事です。

おすすめアイテムカテゴリー



PAGE TOP