ニキビ,美白,エイジングケア,ダイエット,わきが・多汗症の情報サイト。本当に良いお得商品をご紹介!

  1. スキンケア
  2. 0 view

身体の中から美肌を作る方法は!

テレビなどでモデルや女優がお肌に気を使っている事の答えはダントツ「野菜を摂ること」らしいです。さて、では野菜をどのようにとると効率がいいのでしょうか?野菜ですが実はサラダを食する事が多いと思うのですが実はダイエットにはいいと思うのですが美肌効果は期待できません。ビタミン類の中ではビタミンA,C,Eが特に抗酸化力が高いとされています。なかでも一番高いのがAです。ビタミンCがもてはやされていますが実は一番抗酸化力が高のはビタミンAです。ビタミンAでやっかいないところはサプリメントでは摂取しづらいというところです。ビタミンAは油溶性でので過剰症がおこるので市販のサプリメントには含まれていないのが現状で含まれていてもわずかです。緑黄色野菜を温野菜の形で摂るのが一番美肌にいいとされてています。ほうれん草・にんじん・ブロッコリー・ピーマンなどの緑黄色野菜を温野菜で摂る事をこころがけましょう。

野菜の賢い食べ方

野菜を摂取するにもやはりバランスがとても大事です。一日にだいたい淡色野菜を200g、緑黄色野菜を100g摂取する事が理想です。豆、海藻、きのこ類も加えるといいでしょう。何事もやりすぎはよくないので自分なりの適量を心がけて食べる事が大事です。
温野菜は冷凍食品をうまく活用すると簡単に摂ることが可能です。レンジでチンで食べられる温野菜などもあります。味噌汁やスープに入れて食べるのもいいでしょう。コンビニにある御惣菜などを利用している人もいますがコンビニのお惣菜は調理してから時間がたってビタミンが壊れしまっている可能性があります。また防腐剤などの添加物も心配です。一方冷凍野菜なら旬の物を急速冷凍しているのでビタミン損失はすくなくおすすめです。

肉は食べたほうがいい

肉の成分はタンパク質で肌はタンパク質からできるので肉をとらないダイエットなどはシワが増えるとされています。美肌のためには肉や魚を一日最低100gは摂るようにしましょう。牛肉などは死亡が入り込みますが豚や鶏肉の脂分はかたまっていますので脂分を取り除けばダイエットにも最適です。魚やえび、いかなどのもよいタンパク源です。

「水はとにかく飲んだ方がよい」はうそ

水はとにかくよく飲んだ方がいいということを信じて一生懸命飲んでいる人が多いようですが、喉が乾いていないのに飲むことは有害なことです。飲んだ水は腸から摂取され体内で使われたあとは腎臓で尿となって排泄されます。この吸収や排泄の能力は無限ではありません。特に女性は腎臓機能があまり強くないので排泄しきれなかった水は体に残ってしまいます。この水で体がむくんで代謝が悪くなることを東洋医学では「水毒」といいます。また水をのんで退社を上げようと思っている人もいまずが水を飲んだからと言って汗が増えるわけではありません。また毛穴と汗腺は別の穴ですので汗で老廃物が出る事もありません。水をのんでも肌は潤うことはないで無理して飲む必要はありません。

いろんなお茶と効力
  • ウーロン茶
    抗酸化成分のポルフェノールを多く含み老化防止に役に立ちます。このポルフェノールはいくつかのカテキンをが結合したもので、油の吸収、排出する作用が高いといわれ肥満防止に効果的です。
  • ジャスミン茶
    緑茶やウーロン茶のもつ効用のほかに花の香りには口臭予防作用、不安や憂鬱を軽減する効果の作用が期待できます。
  • ローズヒップティー
    豊富なビタミンCに加え、ビタミンA、ビタミンEさらに鉄分などを含み美肌のお茶とされています。
  • カモミールティー
    リラックス作用があり、寝る前に飲むと眠気を誘うので不眠に悩むときの寝る前の一杯に適しています。
  • ミントティー
    花粉症を緩和させると言われているミントポリフェノールが含まれています。また消化促進の作用も期待でき胃が疲れている時におすすめです。
  • はと麦茶
    利尿作用はりむくみに効果的です。また昔から肌をうるおし免疫を高める作用があるとされているのでニキビや肌荒れが気になっるときにもおすすめです。
アルコールは肌にわるいの?

飲みにいった翌日は肌の調子が悪い・・という声をよく聞きますが、多くの場合はアルコールより睡眠不足が肌荒れの原因になる事がおおいです。アルコールは主に米や麦、とうもろこしなどの殻類を発酵させて作られるのでタバコのような有害物質ではありません。もちろん飲みすごれば健康を害しますが特に肌に悪いというわけではありません。では肌によいお酒の飲み方といえば日本酒やワインのような冷たすぎないものを選ぶといいでしょう。特に赤ワインには抗酸化作用のあるポルフェノールが含まれいるので適量だと美肌によいと言われています。

スキンケアの最近記事

  1. 効果のあるケアの仕方や美容サプリを取り入れて乾燥肌対策をしていきましょう

  2. 絶対手抜きはNG!アフターケアの重要性

  3. 肌荒れを起こさないためのスキンケアと効果を高める時間帯

  4. ビタミンC誘導体が入ったスキンケア用品の効果

  5. 敏感肌の効果的な対策方法

関連記事

おすすめアイテムカテゴリー



PAGE TOP