ニキビ,美白,エイジングケア,ダイエット,わきが・多汗症の情報サイト。本当に良いお得商品をご紹介!

  1. スキンケア
  2. 2 view

ビタミンC誘導体が入ったスキンケア用品の効果

美容成分であるビタミンC誘導体は美白効果を高められるため、スキンケアをする際はビタミンC誘導体を取り入れてみましょう。ビタミンC誘導体はビタミンCと比較すると角質層への浸透率がとても高いので、美白効果を高めたいという方には最適の成分です。ちなみにビタミンC誘導体には脂溶性と水溶性があり、これらの種類のビタミンC誘導体はメラニンを作るのを抑えられるだけでなく、コラーゲンの生成をサポートしてくれます。メラニンが増えてしまうとシミが作られやすくなってしまうため、シミが気になる場合はビタミンC誘導体を使ってメラニンを抑制しなければなりません。コラーゲンが作られることによって、肌が若々しくなることに期待できます。現在は色々なシミ対策がありますが、多くの方がビタミンC誘導体が含まれているスキンケア用品を使ってスキンケアをしていますし、人によっては短期間で効果を実感できます。化粧水だけでなく、ビタミンC誘導体の商品を使って透明感のある肌を目指してみましょう。

こだわりたい方には手作りスキンケアコスメもおすすめです

市販の化粧水はどれもケミカルな化学成分を含んでいるため、安心して使えないという人は、思い切って手作りのスキンケアコスメを作ってみるのがいいかもしれません。保湿成分としてはグリセリンがよく知られていますが、グリセリンは水に溶けやすいという性質を持っていますので、化粧水を作るにはもっとも適した保湿成分です。美容成分としてコラーゲンやヒアルロン酸などを含む化粧水がたくさん出回っていますが、自分で作る場合には、水とグリセリンだけというシンプルな材料で作るようにします。初めて作る時にはグリセリンの濃度は5%からはじめ、徐々に10%などの濃い保湿化粧水にレベルアップさせていくのがいいでしょう。水とグリセリンだけと言っても、水は必ず精製水を使います。100ミリリットルに対して濃度を考えるとわかりやすくてお勧めです。注意すべきは、グリセリンの濃度は10%を超えないことです。入れすぎると逆に肌の水分を奪ってしまいますので、それさえ気を付ければ、いつも新鮮で不要な物を含まない化粧水でのスキンケアができます。

スキンケアの最近記事

  1. 効果のあるケアの仕方や美容サプリを取り入れて乾燥肌対策をしていきましょう

  2. 絶対手抜きはNG!アフターケアの重要性

  3. 肌荒れを起こさないためのスキンケアと効果を高める時間帯

  4. ビタミンC誘導体が入ったスキンケア用品の効果

  5. 敏感肌の効果的な対策方法

関連記事

おすすめアイテムカテゴリー



PAGE TOP